たいら

誰でも年齢に関係なく、つややかな肌を保ちたいと思うものです。健やかな肌を保つにはシミやシワ、ニキビなどトラブルなく、ハリや潤いが十分な状態を保つことが欠かせないと言われています。

きれいな肌を保つためのアプローチは様々ですが、皮膚の新陳代謝を支えるために使われる『たんぱく質』と、その合成にか欠かせない『亜鉛』、必要な栄養を皮膚細胞まで送り届けるために血行を整え、若返りのビタミンとも言われている『ビタミンE』などの働きを機能させることが大切です。

また、私たちの身体の最小単位である細胞を包んでいる細胞膜を守るのは『脂質』です。ダイエットのために油の摂取を控えたりすると脂質が足りなくなってカサカサの肌になってしまいます。

健康な肌を保つためには、ビタミンを含め栄養バランスを考え、たんぱく質をしっかりと摂取することが大切になります。皮膚は内側から作られて表面へと送られ、古くなった角質細胞が剥がれ落ちていくので、新陳代謝を機能させることが美しい肌のもとになります。

1日の終わりに肌ケアをすることも大切ですが、食事からも必要な栄養をしっかり摂取し、内面からきれいになっていくことが健康な肌を保つ秘訣なのだと思います。

暑い日が続きますが、体調には気をつけ過ごしていきましょう!

肌

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA